CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
東京2020オリンピックメダルデザイン決定
0

    東京2020オリンピックメダルデザインが遂に決定しました!

    オリンピックメダル

    (出典:東京2020オリンピックメダル より引用)

     

    7月24日から約2週間行われます東京2020オリンピックのメダルデザインが遂に決定致しました!

    メダル業界で働いている私達にとっては待ち遠しい出来事。

    まだかまだかと待っていたら意外とシンプル?!

    勝利者にとっては栄光の部分だけではなく、そこに至るまでの努力の日々が必ずあります。

    余計なデザインは要らないですね。

    ちなみにコンセプトは原石を磨くようなイメージで、光や輝きをテーマにしているそうです。

     

    仕様にも大変興味があります。

     

    大きさ 直径85mm
    厚さ 最小部分: 7.7弌〆蚤臧分: 12.1
    重さ 金:約556g 銀:約550g 銅:約450g
    原材料 金:純銀に6g以上の金メッキ
    銀:純銀
    銅:丹銅(銅95:亜鉛5)
    リボン取り付け部分 メダル本体上部への埋め込み式
    側面

    メダル側面には各競技名(競技名・種別名・性別・種目名)が英語で刻印される

     

    ふむふむ。

    まずは直径85个箸なり大きめです。

    通常大人のスポーツ大会で使われるメダルの直径は60〜70伉度。

    周りの装飾がプラスして大きめに作られているのでしょう。

    厚さ、重さも一般的な金メダルと比べて倍程度ありますのでかなりずっしりとした印象です。

     

    ところでオリンピックの金メダルは純金で無い事はご存知でしたでしょうか?

    金メダルなのに純銀製と書いてあります。

    金なのに銀?!

    弊社でも実際に純金を使ったメダルや社章を作って欲しいと言うご依頼をいただきます。

    果たして可能なのでしょうか??

    実際には形状によっては作れる場合もあるし、作れない場合もあると言ったのが正直なところです。

     

    話はオリンピックの金メダルに戻しましてなぜ金メダルなのに純銀を使っているかと言うと、1912年開催のストックホルムオリンピックまでは純金製の金メダルを採用していました。

    しかしその後は種目が増え使う金の量が多くなるにつれ、開催国によって経済的な不利が無いようにとの配慮から金メダルも銀製で作るようになったと言われています。

    確かに400種目、団体も含めたらそれ以上の数の金メダルを実際に純金で作ったら金メダルだけで数百億の金額が掛かってしまいます。

     

    そう言えば、この価値あるメダルを製作するにあたり、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」みたいなこともやっていましたね。

    使用済み携帯電話等の小型家電を提供していただき、これらから集めたリサイクル金属を原材料にメダルを製作するプロジェクトで、オリンピック・パラリンピック大会史上初の試みだそうです。

    町でもリサイクルショップをよく見かけるようになりましたが、オリンピックでも「リユース、リデュース、リサイクル」と言う文化が採用されています。

     

    オリンピックでアスリートに授与される金・銀・銅のメダルは、アスリートにとって最高の栄誉であるだけでなく、世界中の人々の目にふれ、日本ならではの文化や魅力を輝かせる存在でもあります。

    オリンピックに向けて各地域でもコンテストや大会が盛んに開催されております。

    小さいな大会だからこそ、小さなキッズだからこそ、未来のスーパースターが生まれる地域の大会でも金メダルを贈呈してはいかがでしょうか。

     

    オリンピックまであと半年!

    東京で開催されるなんて今の時代に生まれて来てとっても幸せです。

     

    | トロフィー | 10:19 | comments(0) | - |
    ジャパンプライズです
    0

      JUGEMテーマ:ものづくり

      始めまして。

      ジャパンプライズです。

       

      北陸新幹線が開通したので世界でもっとも綺麗な駅の1つ石川県金沢駅に行って来ました。

      丁度この日は天皇皇后両陛下が全国植樹祭か何かで駅にはすごい人だかりができていました。

       

      石川県と言えば伝統工芸品で有名ですが今回は金箔工芸や漆器の勉強をしました。

      金箔や漆はこれまでも弊社商品でよく使われる工芸技術ですが、これからもっと注目を浴びる技術になって行くと思われます。


      こちらのブログでは皆様にとって役立つ情報をお届けして参ります。

      よろしくお願い致します。

      | トロフィー | 17:49 | comments(0) | - |
      | 1/1PAGES |